Lecture 講演

掲載記事

  • 第123回CS研究会 講演会

      

    cskennkyuukai

    講演題:「名経営者と名園に学ぶ~次世代への物語を読み解き、伝えること~」

     

    2012年5月23日川井はCS研究会において「名経営者と名園に学ぶ~次世代への物語を読み解き、伝えること~」と題した講演を行った。

    CS研究会は株式会社カナオカ機材内「CS研究会」事務局主宰で、1992(平成4)年1月に異業種情報交換の場としてスタート。今回で123回を迎える定例会には毎回130人を超す参加者があり、「関西で最も活気ある異業種交流会」との評判が高い。

    川井は講演の中で、京都の名園「何有荘」を再生事業の取り組み、その重要なポイントとなった近代日本庭園が持っている価値やそこに込められた人々の思いについて詳しく解説。歴史と先人に学びながら未来のビジョンを描き、それを信念を持って周囲に言い伝え、実現していくために必要なものが「物語力」と語った。

     

    <講演概要>

    タイトル:「名経営者と名園に学ぶ~次世代への物語を読み解き、伝えること~」
    日時: 2012年5月23日  12:40~14:00

    会場: 中央電気倶楽部(大阪市北区)
    主催: CS研究会 株式会社カナオカ機材(東大阪市、金岡重雄会長兼CEO)

    聴講者: 会員 約120名

    当日の講演の様子(CS研究会様ご提供)

取材・講演のご依頼

PAGE TOP